スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone欲しさに『切り売り』



働いてそれこそ”身を削りながら・・・”というのなら理解できますが、まさか切り売りするとは・・・。
iPhoneもiPadも購入するときだけでなく、当然のごとく維持費にお金がかかるはず。


100歩譲って、とりあえず買ってみたは良しとしてこれからどうするつもりだったんでしょうな。


iPhone欲しさの腎臓売買、中国で外科医ら5人起訴

 中国で昨年4月、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」欲しさに少年(17)が自分の腎臓を売った事件で、検察当局は摘出手術を行った外科医ら5人を故意傷害罪で起訴した。新華社が6日伝えた。

それによると、被告の1人は22万元(約285万円)を受け取って腎臓移植を手配し、少年にはその1割の2万2000元を渡し、残りを外科医や他の3人の被告、医療スタッフらと分け合ったという。

腎臓移植手術を受けた患者については明らかになっていない。

少年は、中国で最も貧しい省の1つで出稼ぎ労働者が多いことでも知られる安徽省の出身。iPhoneとiPadを購入後、どうやってお金を手に入れたか母親に聞かれ、腎臓を売ったことを認めていた。

検察当局によると、少年は現在、腎機能低下が進んでいるという。

アップル製品は中国でも人気が高いが、価格はiPhoneが3988元(約5万円)から、iPadが2988元(約3万8000円)からと、多くの消費者には手が届かないという現実もある。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。