スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えているのは「釣り合い」



18人ですか。兄弟で野球の試合が出来ますな。
って、山奥にある分校だと全校生徒がこれくらいだったりしますからねぇ。

しかし彼らの頭に中にあるのは子供の人数じゃなくて男女の釣り合い。まだまだ記録は伸びそうな気配です。


44歳の女性が18人目の子どもを出産 カナダ

 カナダ・ブリティッシュコロンビア州でルーマニア移民の女性が第18子を出産した。これにより彼女は、同州内では過去20年間で最も子だくさんの女性となった。

父親のアレクサンドル・イオンスさんによれば、妻のリビアさんは22日に女児を出産した。ふたりの娘アビゲイルちゃんは体重およそ3500グラムだった。

「何人の子どもを作るか計画したことはない。ただ神の導きに任せている。われわれは命は神からもたらされるものと強く信じているし、だから人生は続いていくんだ」と、アレクサンドルさんは語った。

ふたりは1990年にルーマニアからカナダに移住し、現在はブリティッシュコロンビア州アボッツフォードに住んでいる。他に年齢23歳から20カ月まで17人の子どもがいる。

今後、子どもを作るかどうかはわからないと彼は言う。家族には女の子10人と男の子8人がいる。

「次があるとしたら釣り合いがとれるように男の子がいいね。みんなが健康で幸せであることを神に感謝します」と、彼は語った。

家族はカナダのマスコミに加え、ドイツ、ルーマニア、イギリスから電話を受けたそうだ。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

白だ黒だは流行らない?



白人が優れていて・・・なんて考え方はすでに古臭いのかもしれませんな。
日本人は名誉白人なんて言われて調子コイてた時期がありましたが、反省せねばなりません。

金使って集めないと団体構成員が集まらなくなった時点で、気づかなきゃだわ。


カナダの白人至上主義団体、「金銭」使って会員獲得目指す

 会員数の拡大に苦労しているカナダの白人至上主義団体が、金銭的な便宜を図ることで新メンバーの獲得を目指している。21日付の現地紙カルガリー・サンが報じた。

 それによると、カルガリーを拠点とする「The Aryan Guard」は、同団体に加入するために当地に引っ越してくる人に対し、賃貸住宅のための一時金支払いを申し出ている。同団体の現在の会員数は25人程度とみられる。

 同団体はインターネット上で「The Aryan Guardは新たな兄弟・姉妹をいつでも探しており、カルガリー地域への引っ越しに興味があるなら、住居の破損供託金を支払う」としている。 

 一方、当地の議員は、地方自治体に住民の引っ越しを止めさせる権限はないとした上で、人種差別犯罪は許されるものではないと強調した。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

東洋医学 美容整形に活用される



鍼を使うことでますますお手軽感がアップした美容整形。
1万3000円が10~12回というのが果たして相場からみて高いのかそーでないのかはわかりかねますが、メスを入れないで済むというのは画期的かもしれませんな。

ただ、個人的には予防接種さえ辛いアタシ、顔を”治療中”の写真は見たくありませんでした。


「手術のいらない美容整形」、顔面はり治療が人気

 「外科的処置のいらない美容整形」として顔面へのはり治療の人気が、ここ数年で高まっている。

 カナダで初めてはりを美容整形に応用したはり師のシャリ・ラゾーリ氏は「10年前にはボトックスや詰め物などが(手術の)代替方法だったが、現在はボトックスや詰め物の代替になる手段を人々が求めており、はりこそが効果的な治療法」と語った。同氏の治療は1時間125カナダドル(約1万3000円)で、通常10―12回の通院が必要。

 同氏によると、使うはりは25―75本。血行を促進しコラーゲンの生産を刺激することで、しわが伸びたり、たるんだ肌やまぶたが引き締まったり、くすみの改善、セルライト対策にも効果があるという。

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。