スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくったりおくられたり



あたくしが暮らしている田舎町では、駅前のスーパーやパチンコ屋の跡地がみんな葬儀屋になっちゃって過疎化に拍車がかかっております。
いずれはゴーストタウンになっちまうんでしょうか。

しかし葬儀は土地柄で違うモノ。24金メッキの棺なんて火葬には使えないだろうし、ハナっから土葬用と決まっているんでしょうな。


そーいやおくりびとを観たのですが、非常に有意義な時間でありました。火葬でも土葬でもとりあえずはキッチリおくってほしいものだと感じました。



香港でアジア「葬儀」博、1000万円超の黄金の棺も

 香港で13日、アジア葬儀博覧会が開かれ、価格が100万人民元(約1050万円)する24金めっきを施した棺などが展示されている。

 同イベントは葬儀場や火葬場、墓地の経営者やバイヤーといった「葬儀のプロ」が出展しており、会場には棺や墓石の見本が多数展示されている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

裕福だったら「自分は金持ちだ」なんて言いませんから



2億円の宝くじに当せんして殺されちゃった女性がいましたが、自分は金持ちだ!なんて話は、特に今みたいなご時世ではしませんわな。

金持ちだ!なんて言ってる人は虚勢を張りたいのか、被害者になってみたい(いるのか?)方くらいなものではないでしょうか。年末なのに不景気に輪をかけるようなニュースでありました。


中国で男が自称「裕福な」女性を強盗殺害、盗んだ現金は8千円

 中国北部の警察が、「自分は裕福だ」などと自慢していた女性を殺害した男を強盗殺害容疑で逮捕したが、犯人が盗んだのは携帯電話と金の指輪、現金600元(約8000円)だったと、国営メディアが22日報じた。

 新華社によると、被害者の女性は、内モンゴル地区の包頭で清掃会社を営む王さん。夫は長距離バスの運転手だった。

 新華社のウェブサイト(www.xinhuanet.com)では、王さんは夕食の席で楊という名の塗装業者に対し、自分のビジネスの景気は良く夫の稼ぎもいいなどと自慢した、としている。その後楊容疑者は、王さんの金品を目当てにナイフを持って王さんの自宅に押し入り、犯行に及んだという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

北京ダックっていうくらいですから・・・



以前台湾のグルメツアーに参加した際、いただきましたよ北京ダック。
彼の国の食の安全の脆さが露呈しちゃいましたから、本場モノじゃない台湾の北京ダックの方に信頼がおけますな。

記事中にも書かれているとおり日本にも感染・・・いや、出店しとるようです。
場所は新宿と銀座!ふ~ん。もうすぐクリスマスですが、あたしゃケンタッキーで十分でございます。


北京ダック老舗が台湾出店計画、アヒルは「本土産」

 台湾への初出店を計画している中国の老舗北京ダックレストランが、品質の点から材料のアヒルを中国本土から調達する予定のため、手続き上の問題で出店計画が頓挫している。新華社が8日に伝えた。

 それによると、台湾南部の港湾都市、高雄に出店を計画している1864年創業「全聚徳」のJiang Junxian会長は「台湾産のアヒルは十分な脂肪がついていないため、台湾店では、オリジナルの味を維持するために特別に餌を与え育てたアヒルを中国本土から取り寄せる必要がある」と説明。

 だが新華社によると、労働許可や生の原材料の輸入に関する契約が締結されていないため、台湾店の開店日はまだ決定していないという。

 「全聚徳」は、すでに日本、オーストラリア、香港、ミャンマーに出店している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。