スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本国内なのにハングル表記されていたり、「パチンコガンダム駅」なんてのがあったりで地図部門(?)においては一気に株を下げてしまった感のあるAppleであります。

本日取り上げたのはiOS 6の地図アプリを使うと命に関わるというニュース。
元記事を一読してみると、確かに。
アップルの地図アプリ見てきたから道間違えちゃったなんてレベルのモノではありませんな。

きっちり道案内してくれるカーナビでさえ、気を抜くと迷子になるアタクシ。
使わないよう心がけたいと思っております。あっ、アタクシが使っている端末はアンドロイドでした。

iOS 6地図アプリは使わないで──豪の州警察が警告「命に関わる」

 オーストラリア・ビクトリア州の警察当局は、州内を自動車で移動する際は米AppleのiOS 6用地図アプリを使用すべきではないとドライバーに警告した。地図上の街の位置が誤っており、命に関わる危険もあるためで、実際にこの数週間で6人を救助することになったという。AFP通信などが報じた。

 メルボルンがある同国東南部のビクトリア州で、内陸部の街・ミルデューラに行こうとした車が国立公園の真ん中に迷い込むケースが相次いだという。同州警察によると、iOS 6の地図アプリを調べたところ、ミルデューラの位置が実際の街とは約70キロずれたマレー・サンセット国立公園の中心に示されていた。

 同国立公園では水を入手できず、気温も摂氏46度に上昇するなど危険があり、場合によっては命に関わると警告。あるドライバーは24時間にわたって水と食料もないまま立ち往生し、長い距離を歩いて警察に助けを求めたという。

 同州警察はAppleに連絡し、速やかに修正するよう求めた。ミルデューラへ向かう際や、同州内を移動する場合は、Appleが修正するまでは別の手段で地図を確認するよう呼び掛けている。
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。