スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス発 マン拓アート



マン拓であります。
これほど蒐集のしづらいコレクションも稀かもしれませんが、芸術家がやればマン拓もアートですか・・・ちょっと魅力。


微妙に男が混じっているのが難点だったりしますが、その数400と膨大で思わず腰をひいてしまいますな。
元記事には型取りの様子を撮影した写真が、YouTubeには動画があるそうですのでいろいろ参考にしてみましょう。


型をとってるのは、石膏なのでしょうか?
下世話で申し訳ないのですが、毛は・・・やっぱり邪魔ですよね。



18歳以上400人の女性器を型取りして並べたアート「The Great Wall of Vagina」

イギリスの芸術家Jamie McCartney氏が20カ国の18歳以上の女性、400人から協力を得て作成したものがこの「The Great Wall of Vagina」です。全部で10枚、長さ9メートルに及ぶ巨大な作品となっています。

構成する内容自体は、母親とその娘・一卵性双生児・性転換した男性や女性など、多種多様に構成されているため、作者いわく「多くの女性にとって生殖器の外観がどうなっているかは心配の種ですが、私はその問題について何かすることのできる位置にいました」ということで、女性によってそれぞれ異なった形をしているのが当然であり、何ら不安に思うことはないのだということも示してくれます。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

Tag : The Great Wall of Vagina

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。