スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホとPCはベッドルームへ誘う新たなおもちゃ



元記事の最後の1行はなんだか未練タラタラで、ストーカー予備軍なんぢゃね?という連想をさせますな。
まぁインターネットがいろんなシーンで活用されるようになったと考えれば、とても発展的なこと。でもそのうち、パソコンやスマホを事えないヤツはエッチもできないなんてことになったりして・・・。


国内ではまだTwitterに押されてるようですが、この映画のモデルに感謝する日が日本でも近いのかもしれません。


ソーシャルメディアは恋愛関係の発展を早める?

 女性のおよそ5人に4人、男性の5人に3人が、携帯メール、Facebookなどのソーシャルメディアでつながっているカップルは、性的な関係に発展するのが早いと考えている――1月24日にこのような調査結果が公開された。

 しかし、オンライン上で親密にしていたために実際に交際相手と性的関係になるのが早まったという女性はわずか38%だった。この結果は、Shape誌とMen's Fitness誌が1200人の男女を対象に実施した第3回年次セックス調査で得られたもの。

 スマートフォンとノートPCは、ベッドルームへ誘う新たなおもちゃだと調査結果は指摘している。女性の約80%と男性の58%は、ソーシャルメディアツールは性的関係への発展を早めると答えた。

 交際相手との連絡方法で最も多かったのは携帯メールだ。男性は電話よりも携帯メールの頻度が39%多く、女性は150%多かった。

 また恋が始まる前に、女性の70%、男性の63%が付き合うかもしれない相手のことをGoogleなどのオンラインツールを使って調べている。

 調査回答者の65%は、携帯メールでデートに誘われたことがあるという。Facebookのメッセージで誘われたことがあるのは49%だった。

 交際が始まると、女性の72%は交際相手の元恋人のFacebookページを探すという。

 恋の炎が燃えさかっているときでも、デジタルデバイスに夢中になる人もいると調査では示された。

 セックスの最中に電話がかかってきたり、携帯メールが届いた場合に、「ちょっと発信者を確認する」と答えたのは5%、中断して電話に出ると答えたのは1%だった。

 恋の炎が消えると、デジタルが新たな別れの手段となる。女性の43%、男性の27%は、「あなたのせいではなく、わたしのせい」というようなメールを受け取っている。

 失恋しても、インターネットが希望をつないでくれる。回答者の81%は、Facebook上で元恋人の友人登録をやめないとしている。75%は、元恋人のページを絶えずチェックしていると認めている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。