スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティーの片付け承ります・・・?



パーティー後、翌日に後片付け・・・。
思い浮かぶのはゲロの後始末みたいなイメージがありますな。

どーせならパーティーで飲み食いするモノのデリバリーと絡めればいいのに・・・とプランニングしてしまうのはアタクシだけでありましょうか?

「そっか!後片付けもオプションでつくんだ!」ってサービスの方が需要が見込めるような気がしてなりません。

落ち込みが激しいと言われる外食産業でありますが、こんな付加をつけることによって、ひょっとしたら持ち直しを図れるかもしれません。


パーティーが終わったら誰に電話するの?二日酔いヘルパーズ!

 頭痛がする、でもお腹は空いた。パーティー後なので部屋にはプラスチックコップやゴミが散乱している、動きたくない……。そんな時は誰を呼んだらいいのか?答えは二日酔いヘルパーズです!

ハングオーバー・ヘルパーズと呼ばれる新たなサービスを始めたのは、コロラド大学の卒業生2名。パーティーの翌朝、注文を受けた人数分のゲータレードなどの飲み物と朝食用のブリトーを持って客の自宅を訪れ、さらに部屋の掃除までするサービスだという。

マーク・シモンズ氏は小遣い稼ぎとして約1年前から一人で同様の仕事をやっていたが、不景気の現在、もしかしたらこれは隙間市場かもしれない、と本格的に事業展開することを決意。高校時代からの友人アレックス・ニコル氏と一緒に“二日酔いヘルパーズ”を立ち上げた。値段は一人15ドルで、すでに数件注文が入っているそうだ。ボールダーでは春が一番のパーティーシーズンとなるため、その時期に事業が本格的に軌道に乗れば、と二人は話している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。