スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこ行ったんだぃ?ベィビィ~



いわば命の恩人ですからな。見つかるといいですけれど・・・。

ニャンコと言えば先日寄った飲み屋で、飼われていた猫があたくしの膝に乗ってきたんです。
なんだかまるまると太ったそのニャンコ、鈍臭くて滑り落ちそうになってあせってギュッと爪を出したんですな。

そのとたんあたくしのふとももやら、とっさにしがみつかれた手からダラダラと出血。
こんなゴロツキにはいなくなって欲しいななと、かように思います。

火災から飼い主を救った猫が行方不明

 シカゴ郊外の町ワンダーレイクのカップルが、家の火災から彼らの命を救ったものと思われる飼い猫の居所を探している。ジョッシュ・オーンバーグさんとレティシア・コヴァロフスキーさんによれば、13歳の猫「ベイビー」は、月曜早朝に居間のソファで眠っていた彼らを起こした。そのとき彼らの家は寝室から出た火が発する煙で充満されるところだった、とオーンバーグさんは語っている。

彼は消火器で火を消した後、緊急電話番号911に通報した。

2ヶ月後に双生児が生まれる予定だというふたりは家の外に避難した。猫の「ベイビー」と犬もそうしたが、しばらくするうちにベイビーの姿は消えてしまった。

ベイビーは家猫で、灰色と茶色と白が混ざっている。はやく見つかるといい、と彼は語った。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。