スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドハデなパンツで臨むべし!




もし地下鉄の車両に乗ったとき、乗客がみんなパンツでいたら・・・。
かなり寒そうなイベントですが、そこは小市民のあたくしですからきっとそそくさとズボンを脱いでしまうはず。

そーなったときに恥ずかしくないように、下着にも気を遣わねば。
風邪ひかないように注意しよっと。

地下鉄にパンツ姿の男女が集合「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」

 何百人ものニューヨーカーが下着姿で地下鉄に乗った。10日、毎年恒例、今年で9年目の「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」が開催され、人々は地下鉄内でズボンやスカートを脱いだ。

異常なことは何もないかのように振る舞うのが狙いだ。
参加者たちは市内の6地点で集合。 彼らはグループを組んで地下鉄の駅へと分散した。地下鉄に乗ると、彼らは静かにズボンを脱ぎ、折り畳みはじめた。

ほとんどの参加者たちは他の乗客と同じように雑誌を読んだり連れと話したりしていた。

「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」は2002年、たった7人で開始された。以降、他の都市にも広がっていった。
今回のイベントを企画したのは「インプロヴ・エヴリウェア」という団体で、「公共空間にカオスと喜びの場を作り出すこと」を活動目的としている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。