スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ流強盗撃退法



なかなか思いつかないアイディアですな。
できればこんな状況にはなりたくないもんでありますが、もし万が一遭遇してしまったらパトカーとか交番とか警察署を目指すことにしましょう!


まちがっても単独で自爆することのないようにしないといけません。

パトカーに車をぶつけても問題なしだったわけ

 ユタ州のトラック運転手が、新聞にデート相手を求める広告を出し、女性と会うことになった。しかし約束の場所にトラックで行くと、男(21)がトラックに飛び乗り、銃を突きつけ「そのまま運転しろ」と命じた。

運転手は平静を保ち、脱出する機会を待った。そして警察のパトロールカーを見つけたとき、トラックをわざとぶつけ、車から飛び降り、警官に助けを求めた。

警察官たちはすぐさま、銃で武装した男を逮捕した。

ソルトレーク郡保安官事務所のジェイソン・ジョンソン警部補は「車をぶつけられても修理すれば直ります。誰かがケガをするよりましです」と語った。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。