スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃ喰うだろ、肉食だもん



ヒトはあんまり共食いの習慣がありませんからな。

「やっぱり温暖化か~」

と唸ってしまうかもしれません。


でもヒトの常識を動物の世界に持ち込んで、温暖化のせいにばかりするのはいかがなものなんでしょう。
ホッキョクグマが絶滅に向かってまっしぐらなのは由々しき問題ですけど、「なんか利用してんぢゃねっ?」って感じませんか?

ホッキョクグマが共食い始める、気候変動の影響で

 米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。

 11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。