スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代金をとらずに放置なんですね



タイトルを読んで、心臓発作と詐欺がどうしても結びつかなかったあたし。
心臓発作のふりをすると大丈夫かどうか確認をせずに、代金をご破算にして放置しちゃうんですな。普通の対応だと思うのですが、救急車を呼ばれたことによりいんちきがばれるとは・・・。

本来なら最初の犯行でバレるはずなのにねぇ。


52歳男性、心臓発作のふりをして詐欺行為を繰り返す

レストランの食事代やタクシー料金の支払いを避けるため、心臓発作に襲われたふりをしていた男(52)が起訴された。

警察によると、月曜日にタクシーに乗ってショッピングモールを訪れた際、男は突然の心臓発作に苦しむ演技をした。すっかりだまされた運転手は料金を受け取らなかったという。

また、男はレストランでステーキを食べた後、同様に心臓発作のふりをして代金23ドルの支払いを避けようとした。ところが、レストランのオーナーが消防の救急車を呼び、予想外なことに病院に連れて行かれてしまったため、全てがバレてしまう結果となった。男は数週間前から同様の手口で犯行を繰り返していたという。

男は常習的にレストランで詐欺行為を働いていた容疑に問われており、有罪となれば最高9ヶ月の禁固刑と罰金1万ドルが科される。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。