スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を売るならB○○K ○FF♪



これも活字離れの結果なのでありましょうか。
そーいや、フィンランドでは100年以上貸し出したままになっていた書籍が返却されたこともあるのだとか。

そーいや某古本屋の棚で「○×図書館」とスタンプが打たれた本が並んでいて驚いたことがあります。

「~本を売るならB○○K ○FF♪」の音楽に誘われて、つい売っちゃったんでしょうかねぇ?


延滞料金1000ドル!? 51年前に貸し出された本、高校図書館に返却される

 米アリゾナ州フェニックスの高校図書館から51年前に貸し出された本が、1000ドル (およそ90000円) の為替といっしょに送り返されてきた。同校の図書委員が語った。

キャメルバック高校の図書委員ジョルジェット・ボーディンさんによれば、オーデュボン協会の本2冊は1959年に貸し出されたもので、為替は匿名希望の人物から送られてきた。

送り主は手紙で、家族が別の州に引っ越しする際に借りた本が誤って梱包されてしまった、と説明している。

手紙には、為替は1冊1日あたり2セントの延滞料金の支払いにあてるようにと記されていた。合計するとおよそ745ドルになる。値上げされていた場合のために多めに入れた、とのこと。

ボーディンさんは、このお金で余分に本を購入することができる、と語った。貸し出し期限を過ぎていた2冊の本は棚に戻された。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。