スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eBayに清き一票を?



美術品ばかりでなく、近頃は変わったものも出品されているネットオークション。先頃”人生”が出品されて落札までいたりましたから、何か売ってみようかな?と考えるのは人情だったりしますね。

そこで大統領選で行使されるべき”清き一票”を出品しちゃったヒトがいます。
常識で考えてみても分別ある大人のすることではありませんな。

一度ギュッと反省させた方がいいように思います。


米大学生、自分の一票をeBayに出品して起訴される

 秋に行われる大統領選で、自分の一票をオークションサイト「eBay」に出品していた大学生が起訴された。「全てはジョークだったんです」とこの学生は話しているが、検察は冗談では済まないとの見解だ。

重罪容疑で起訴されたのは、ミネソタ大学に通うマックス・P・サンダース(19)。同サイトに一票を10ドルから出品、zepdrummer612というハンドル名で「グッドラック!国の未来は君次第」などと書いていた。

同州では1893年に投票権を他人に売買した場合は贈収賄罪に問われるとの州法が施行されている。

サンダースは「全てはジョークだったんです。もうサイトには掲載されていません」と話しているが、ミネソタ州務当局の広報官は「冗談では済まされない問題。投票権を得るために死んだ人もいるのに、それを軽視する行為で許されることではない。恥ずべき行為です」とコメント。

パット・ダイアモンド郡検事補は言う。

「投票権の売買を犯罪とみなす理由は2つ。1つは選挙とは国民個々の意見による争いであり、お金が介入するようなことではない。2つめは、1人につき一票、それが原則であり他人の票を買うことはできないということです」

サンダース、およびその弁護人からのコメントは得られていない。有罪となれば最高5年の禁固刑、罰金1万ドルとなる。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。