スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフは怖いスポーツ?



休日になると嬉々として早起きして喜び勇んでゴルフ場へと向かうおっちゃん方、今日もお疲れちゃんでした。ふとゴルフ場の駐車場を覗いてみると、ベンツベンツベンツという「ここはドイツですか?」と錯覚してしまうほどの有様でございますな。


そんなお大尽のスポーツ、ゴルフでございます。
しかし元記事のようなニュースに触れるとちょっと怖いスポーツかも・・・なんて考えてしまいますな。キャディバッグの中にはどれも武器になりそうな棒っきれがたくさんあるし、「ふぁ~」の声と共に遠くからボールが飛んできたりと、はっきり言って気を抜けないところだったりして。


それでも休みを待ちかねてゴルフ場へと足を運ぶおっちゃんたち。
こころなしかちょっとだけまぶしく見えました。


「プレイが遅い!」 ゴルファー、6番アイアンで他プレイヤーを殴る

ゴルファー二人がプレイのペースが遅いことで口論となり、一人が6番アイアンで相手の頭を殴る事件が約1年前に発生したが、暴行を加えた男性に木曜日、禁固刑1年6ヶ月の有罪判決が下された。

有罪となったのは、ニコラス・ジェイ・シャンピーヌ(34)。事件当時、ゴルフコースにはシャンピーヌのグループと別の1グループがコースでプレイしていたが、そのグループにいた男性とペースをめぐって口論となったという。木曜日、法定でシャンピーヌは謝罪したが、相手を殴りつけた理由については「一緒にコースを回っていた兄弟を守ろうとしただけです」と証言した。

一方、6番アイアンで殴られた男性(45)は「今でも記憶障害、頭痛に悩まされている」とコメントしている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。