スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題は時間かな



スラップ音ってゆーんですな!勉強になりました。
すぐさまスラップ音というキーワードでググってみたところ、トップに表示されたのは

ピストンスラップ音・・・

いろんな意味で驚かされたり、まだまだ知らんことが多いなと。


そのスラップ音を高らかにあげつつ16歳の娘が帰宅した時間が元記事に書かれていなかったのが残念。

ここからは個人的な見解になってしまうのですが・・・

股のユルい女はきらい



お母さんは襲われていたのではなく、彼氏とセックスしてたのか…

 16歳の少女が帰宅したところ、母親の寝室から何やら悲鳴のような声が聞こえてきたという。少女は母親に交際している男がいるのを知っていたため、きっとこの男に襲われているのに違いないと思い、すぐに友人数名を自宅に呼びつけ、母親を助けようと寝室に飛び込んで一緒にいた男をみんなで殴りつけるなどした。

ところが……母親とそのボーイフレンドはセックスしていただけで、寝室から聞こえてきた叫び声は快楽に酔いしれた母親の激しいあえぎ声だった。

6月6日、少女と友人4人がバットで殴るなどの暴行を加えたのは、少女の母親が交際していた25歳の男性。少女らは全員10代で、当時一緒にいた少年一人を除き、彼女を含む4人が水曜日に暴行容疑などで逮捕された。

少女の母親メラニー・アーノルド(34)は木曜日、AP通信に対して「叫んでいません……スラップ音を聞いて、何が起こっているのか確かめようともせず、私が襲われていると娘は思い込んでしまったのです。反省すべきことです」とコメント。

また、母親の彼氏ロジャー・スワンソン氏(25)は、「少年らに説明する暇もなかった。逃げようとしたんだけど、追いかけてきて殴られました」と話している。

スワンソン氏はさらに、「相手が僕じゃなくて、しかもその誰かを少年達が殺してしまったとしたら、彼らはどうなっていたと思います?残りの人生を刑務所で送ることになっていたのです。こんな事をしたらどうなるか、子供達は法廷を通じて学ぶ必要がある」と語り、いまだに怒りが収まらない様子だ。

母親とスワンソン氏カップルは、最近になって別れることになったという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。