スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノドを直接絞めつけるのはチョークスリーパー



メタボでドン
警官をやめてもトレーニングを欠かさず、きっちり仕事ができる点はさすがでありますな。


あたくしも夏までにぽっこりお腹をなんとかしようとエクササイズがんばったのですが、残念!ご覧のとおりです。


健康診断が怖い・・・。



元女性警官、銀行強盗を絞め落とす

 シンディー・オレルさんは女性警官としてロングビーチ警察に25年間勤務して退職したが、在職中、銀行強盗を逮捕したことは一度もなかった。しかし20日、オレルさんは雑貨店で銀行強盗を逮捕した。

犯人は体重100キロの大男だったが、スリーパーホールドで首を絞め、気絶させてしまったのだ。オレルさんは身長168センチ、体重58キロ。

22日、オレルさんはオレンジ郡保安官事務所で行われた記者会見で「銀行強盗を捕まえたのは初めてです。ことの性質上、なかなかエキサイティングでした。何も考えず、とっさの反応で行動したんです」と語った。

銀行の行員が「銃を持った男が、銀行を襲おうとしている!」と叫んだとき、オレルさんはミッションビエホの雑貨店『アルバートソンズ』にいた。買い物客の1 人と犯人がもみ合いになった時、オレルさんは、スリーパーホールドをかけた。頚動脈を圧迫して脳への血流をとめ、意識を失わせたのだ。その後、犯人は銃を持っていないことがわかった。

オレルさんは、この技を28年前、警察学校で学んだが、パトロールで使ったのはほんの数回だそうだ。06年に退職したが、エクササイズを続けていて、今でも十分身体は動くという。

逮捕されたのはラスベガスに住む男で、これまでに8~10件の銀行強盗をしていた。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。