スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨今の結婚事情 オージーの場合



結婚式の伝統的な宣誓は形式だけのモノといったイメージがあるのですが、実直というか馬鹿正直というか・・・とにかく変わりつつあるようですな。


日本でも結婚相談所を通して、いろんな方とお見合いをしてから結婚相手を決めるといった新たな結婚観といいましょうか、婚活の方法が台頭してきたとか。


それだけ結婚に対する考え方がシビアになってきたということなんですかねぇ。


結婚式で「死が二人を分かつまで」と宣誓しないカップルが増加中

昨年、オーストラリアのニューサウスウェールズ州では4万組のカップルが結婚したのですが、そのうち昔からの伝統的な宣誓をしたのは5分の1だけだったそうです。「死が二人を分かつまで」という生涯の誓約の代わりに「私たちの愛が続く限り」というフレーズで誓いが交わされることもあるとのこと。

多くの新婚夫婦が「幸せでなければ一緒にいる必要はない」ということに納得していて、そのことを結婚式の時に誓約するカップルもいるとCoral Kortlepel司祭は話しています。「今日私はあなたを愛しているでしょう。明日も愛しているでしょう。もし愛が揺らいだり、なくなることがあれば、あなたと一緒にいられた時間を敬うでしょう」と宣誓したり、「3~5年」という期限付きの合意をするカップルもいたそうです。

生涯の誓いを交わさないのは不当であるとして結婚式の取り計らいを拒否する司祭もいますが、新婚のAbbey Steadmanさんはと結婚時の誓約は間違っていると考えていて「生涯相手といることを誓ったら、もし一緒にいられなくなったらどうするの?」と語っています。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。