スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かあちゃんととうちゃんと・・・もひとりは誰?



8歳なのにお手柄でしたな。
火が出ちゃっているのに泥酔なんて、お酒を飲むとぶったるんじゃう自分の話をされているようで肩身が狭くなりました。


しかし消防署への通報・救助活動に消化作業と迅速に動いて見せた8才児、どこでこんなスキルを身につけたのでありましょう?


なんにしても、役立てることが出来てよかったね。


酔っ払いの大人の代わりに、8歳の少年が必死の消火

 ポーランドの警察によると15日夜、西部の都市ミェンジジェチにあるアパートで火災が起きた際、そこに住む8歳の少年が警察に通報、消防車が来るまで懸命の消火作業を行い、妹(5つ)と泥酔した大人3人の命を救った。

警察によると、少年は母親(26)と2人の男を起こそうとしたが、酔いつぶれて寝込んでいたため起こせなかったという。そのため、すぐに自分で緊急通報を行った。

少年は妹に服を着せ、救急車が来る間、引火したドアに繰り返し水をかけ消火作業を行った。

警察広報は「少年がいなかったら、悲劇的な結末になっていたかもしれません」と語った。

警察は火災の原因を捜査中。母親が子供たちを危険にさらした罪で起訴される可能性があるという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。