スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

披露宴の招待客、知らん人ばかり?



需要あってのサービスなのでしょうから文句ない?
でも結婚披露宴のテーブルって知ってる人で固めてくれるモノだったりしますからな。


そこにいきなり知らんヤツがいて、流暢なスピーチやパフォーマンスを披露って妙に出来すぎてしらけそうな気がしますが・・・。


そのうち新郎や新婦まで代行しちゃって、誰の結婚式なのかわからなくなっちゃう時代が来るのかもしれません。


披露宴への「代理出席」サービス、余興やスピーチにも対応

 東京と大阪に本部を置く「オフィス エージェント」では、代行サービス業の一環で、結婚式や披露宴などのイベントに代役を送るサービスを提供している。

 同社の水谷広志代表は「招待客が突然出席できなくなったり、結婚相手側と出席者の人数を合わせたいというケース、また最近では上司を式に呼びたくない派遣社員の人々もいる」とニーズを説明する。

 同社によると、代理出席の基本料金は1人につき2万円。さらに5000円の追加料金で歌や踊りの余興を披露したり、1万円の追加でスピーチをしたりすることも可能だという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。