スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくったりおくられたり



あたくしが暮らしている田舎町では、駅前のスーパーやパチンコ屋の跡地がみんな葬儀屋になっちゃって過疎化に拍車がかかっております。
いずれはゴーストタウンになっちまうんでしょうか。

しかし葬儀は土地柄で違うモノ。24金メッキの棺なんて火葬には使えないだろうし、ハナっから土葬用と決まっているんでしょうな。


そーいやおくりびとを観たのですが、非常に有意義な時間でありました。火葬でも土葬でもとりあえずはキッチリおくってほしいものだと感じました。



香港でアジア「葬儀」博、1000万円超の黄金の棺も

 香港で13日、アジア葬儀博覧会が開かれ、価格が100万人民元(約1050万円)する24金めっきを施した棺などが展示されている。

 同イベントは葬儀場や火葬場、墓地の経営者やバイヤーといった「葬儀のプロ」が出展しており、会場には棺や墓石の見本が多数展示されている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。