スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会議では頭ではなくケツを使う



会議ってゆーと頭を使うモノだとばかり思っていましたが・・・。
まあ多数決もとりますけれど、なかなか正直な財務相で好感が持てますな。
正直な人を財務相に据えてるあたり、ドイツの勤勉さが伺えるニュースであります。


景気は急速な悪化が続いているなんてことはわざわざ言わなくても、国民は実感しているワケですから、日本の財務相にも何かやっていただきたい今日この頃だったりしますね。


ドイツ財務相、「長時間の会議は尻に負担」

 ドイツのシュタインブリュック財務相は、26日付の日曜版ウェルト紙に掲載されたインタビューで、1日15時間の激務の中で最も大変なのは、でん部に負担のかかる長時間の会議だと話した。

 このインタビューは、同財務相が11歳から13歳までの子どもたちからの質問に答えたもの。

 毎日約15時間働いていると話すに財務相に、疲れることはないのかとの質問があり、「中には信じられないほど長い会議があり、途中で尻が痛くなってくる」と答えた。

 また仕事が嫌になることはないのかとの問いには、「そういうこともある。時には怒りたくなる」と述べ、「率直に話せば誤解されやすいので、危険な質問だ」と返した。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。