スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏ゆすりでエコノミークラス症候群を防ごう!



窓側よりも通路側の方が確かに動くのには開放的ですからな。

エコノミークラス症候群にならないようにするためには、空気イス(懐かしい)や貧乏ゆすりが効果的な気がしてまいりました。隣の席に座った人からは、ちょっと不審人物に見られちゃう可能性は否めませんが、最悪のケースでは死亡もするってゆーから侮れませんよ。

どちらかというと、中高年の女性に多く発症するようです。
さっ!貧乏ゆすりのクセをつけましょう!


「エコノミークラス症候群」なりにくいのは通路側=米研究

 米国の研究チームは、飛行機内では通路側の席に座った方が「エコノミークラス症候群」になりにくいと報告した。また、たとえビジネスクラスを選んでも変わりはないという。

 レイヒー・クリニック医療センターのマーク・ジャンドロー氏が率いた研究チームが、英医学誌ランセットで論文を発表した。

 同チームによると、エコノミークラス症候群として知られる深部静脈血栓症を発症したケースの75%が、十分に動いていなかったことが原因。そのうちのほとんどが、より動きが制限されがちな通路側でない席に座っていた乗客だったという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。