スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英才教育のタマモノだ!



シスアド試験に合格したマルコくん、両親がコンピュータスクールを運営しているのだとか。
最年少ってところは凄いですけどなんとなく頷ける話だったりしますな。

所詮はゼロとイチの世界・・・なんて屁理屈はいいませんが、学べる環境が整っているってなんだか羨ましく感じてしまいました。



最年少でマイクロソフトのシステムアドミニストレータ試験に合格した8歳の天才少年

マケドニア共和国の首都スコピエで暮らすMarko Calasanくんは、休み時間に同級生が漫画を読む隣で「Implementing and Administering Security in a Microsoft Windows Server Network」というマイクロソフトによるコンピュータのシステムに関する試験の本を読んで試験を突破し、システムアドミニストレータに認定されたそうです。


その半面、こんなボンクラも(^^ ;)。
ぜひ、前者を見習いたいモンでありますな。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。