スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアブランド VS スモック



イタリアブランドのご当地でも、やっぱり”ひけらかし”があるんですね。
DCブランド真っ盛りのバブリーな頃、社会人となったあたしもひけらかし用のスーツやネクタイ、財布バッグや靴(ォィォィ)に身を包んでいましたが、どちらかというと一過性の流行りみたいなモノだった気がします。

ブランドの服からスモックですか。えらい変わり様ですな。
でもブランド物のスモックが発売されたりして。



ブランド王国イタリア、学校での「スモック」復活を検討

 グッチやプラダなど有名ファッションブランドの宝庫であるイタリアで、生徒にブランド物をひけらかすのをやめさせるため、実用的な「スモック」の再導入が検討されている。

 スモックは、着衣が汚れるのを防ぐために上から着る薄手の服で、イタリアの学校では1960年代まで生徒が青やピンクのスモックを着るのが一般的だった。現在では一部の幼稚園や私立学校を除いて、使われていない。

 与党の議員が「子どもの間での消費主義やブランド物の乱用」をやめさせるため、スモック着用の義務化を提案。教育相も「その理由には納得がいく」と賛同の意向を示している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。