スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空っぽの財布、用意しとこう!



ステキなさばき方にうっとりさせられました。
かつて「同情するなら金をくれ!」と言った子がいましたが、「金が欲しいなら、仕事をしなよ」ってのは彼女が相手でも使えるテクニックだったりもしますな。

きっと押し入る方もかなりテンパっているでしょうから、まず笑って気勢を殺ぐ。そしてトドメは空の財布w この戦法には撃沈すること間違いありません。

しかし、この店員も金ないから仕事してたのね・・・。

「金を出せ?仕事をしろよ(笑)」

 16日夜、サンアントニオにあるファーストフード店に強盗が入り、キャッシュ係の男性に「金をよこせ」と要求した。するとキャッシュ係は大笑いし、強盗に「金が欲しいなら、仕事をしなよ」と答えた。

この男性、自分が強盗にあっているとは思ってなかったという。

すると強盗は段ボール開梱用のカッターナイフを取り出して男性に突きつけ、財布を出せ、と脅した。事態を悟った男性は、財布を渡したが、中身は空っぽ。

犯人はそこで諦めて、店から何も取らずに逃走したが、緊急通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕された。

犯人は悪質な強盗の罪で起訴される見込み。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。