スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも配達が仕事だもんね



電子メールやネットに鳴れてしまうと手紙を待つという感覚が薄れてきます。
そのせいでしょうか、稀に待ってる郵便物が届かないとかなりイライラさせられますな。

重要なものが勝手に捨てられちゃうのは問題ですが、どうせパッと見て捨ててしまうようなDMの類は勝手に処分してもらって結構!・・・という方ばっかりではありませんから。


ゴミ郵便、勝手に処分で有罪の元郵便局員に同情集まる

 迷惑なダイレクトメールなどゴミ郵便を配達せずに捨てたり、自宅の裏庭に埋めたりしていた元郵便局員が、保護観察の判決を受けた。

8月18日に連邦裁判所で行われた公判で、スティーブン・パジェット(58)は「郵便物の配達を遅延させた」という起訴内容に関して有罪を認めた。悪くすると、禁固5年、罰金25万ドル(約2400万円)が科せられるところだった。

家族・親族・友人ら11人が公判に出席し、32人がパジェットを支持する手紙を送った。

パジェットは第3種郵便物数千通を配達する代わりに勝手に処分していた。自宅から、第1、2種郵便物は発見されなかった。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。