スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れてるかどうかは謎





ユーカリしか食べないといわれるコアラのフンをコーティングしたキーホルダーをニュージー土産にいただいたことがありますが、受け取った瞬間リアクションに困ったことを思い出しました。

再利用ですからこれもエコなのかもしれませんが、果たして売れているのでありましょうか?
クリスマスまではすでに1か月を切っております。旬のシーズンもあとわずかですが・・・。



トナカイの糞で作られたクリスマス用オーナメントはいかが?

 ミラー・パーク動物園のギフトショップで販売されているクリスマスの装飾品は、なんとトナカイの糞で作られたものだという。

この動物園では2頭のトナカイが飼育されており、関係者がその糞を集めて乾燥させた後、クリアコーティング処理したり、色を塗ったりしてクリスマス用のオーナメントに仕上げた。

動物園のマーケティング担当部長スージー・オーリーさんは、これら装飾品を「魔法のトナカイのオーナメント」と名付け、園内のギフトショップで販売を開始した。価格は1個5ドルとなっている。

宝石を使った装飾品を作るのが趣味、と話す動物園職員のケイティ・バイドスさんは、「スージーから何か創造性のあるものを作ってほしい、と頼まれたのです」とコメント。自分が趣味で使用しているワイヤーやビーズを使って糞のオーナメントを完成させた。

店を訪れた客の中には、「トナカイの糞ってもっと大きいと思っていた」と感想を述べる人もいる。同動物園の整備員は「トナカイ自体はとても大きいですが糞は小さいのです。そんな小さな糞をたくさんするのです」と話している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。