スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の人間関係の方が心配



香水の匂い・・・あたしも得意な方ではありませんので、かなり同情いたします。
匂いなのに鼻ではなく目に来ちゃったり、頭痛を併発したりもしますからな。

働く環境は改善されそうでよかったですが、今後その同僚との人間関係は大丈夫なのでありましょうか。


「同僚の香水がきつい」と民事訴訟、訴えが認められる

 デトロイト市職員の女性が「香水の匂いがきつくて仕事ができない」と同僚を訴えていた裁判で、連邦判事がこの女性の訴えを認める判決を下した。

市はこの訴えを取り下げるよう要求していたが、ローレンス・ザトコフ裁判官は、原告のスーザン・マクブライドさんの訴えに米国障害者法を適用。マクブライドさんは香水や化粧品にとても敏感な体質で、「同僚の香水の匂いで呼吸が苦しく、仕事ができない」との主張が認められた。

また、この同僚は香水だけでなく、コンセントに差し込むタイプの部屋用芳香剤を使用していた。

訴えの後、同僚はこの部屋用芳香剤の使用をやめたが、香水の使用は続けていたという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。