スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙はもはや時代遅れ?



一昔前の映画やドラマの中ではところかまわずスパスパやっておりましたが、近頃はとんと喫煙シーンも減りましたな・・・などと一服つけながら考えるのも、もはや流行遅れなのかもしれません。

禁煙するだけで食事はおいしくなるし、気持ち心肺機能が向上したように感じるようになります。日常的になってたのをやめるって大変ですけどねぇ。


米国成人の喫煙率、初めて20%を下回る

 米疾病管理予防センター(CDCP)は13日、米国成人の喫煙率が初めて20%を下回ったという報告書を発表した。

 報告書によると、2007年に喫煙していた米国成人は、全体の19.8%に当たる約4340万人で、前年より1%ポイント減少した。

 一方でCDCPは、喫煙や受動喫煙によって、年間44万3000人ががん、肺疾患、心臓疾患などで死亡していると指摘。特に、10代からタバコを吸い始めた長期の喫煙者は、その多くが中年期で死亡するとしている。

 また、喫煙のために毎年960億ドル(約9兆3000億円)の医療費支出と970億ドル(約9兆4000億円)相当の生産性損失が生じており、喫煙が経済にも大きな負担になっていると警鐘を鳴らしている。


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。