スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり男らしくないよね 例の男が2度めの出産



あたしとは歳の離れた弟が幼少の頃に生まれた産院の前を通るたび、『ぼくはここでお父さんからうまれたんだよね?』と母親に確認して、その度に訂正されていたのをなぜだか思い出しました。

いろんな事情があったのでしょうから戸籍上、男になるのもいいでしょう。
でも男になったなら妊娠とか出産とかスッパリあきらめるべきなんじゃないですかな。

そのあたりやっぱり男らしくないよね


米国の「妊娠した男性」が再び妊娠

 女性として生まれたが10年前に性転換手術を受け男性として生活している米オレゴン州のトーマス・ビーティーさん(34)が、2人目の子どもを妊娠した。14日放送予定のテレビインタビューで明らかにした。

 ビーティーさんは6月に女児を出産しており、その際にも「男性が妊娠」と話題になった。法律上は男性だが、性転換手術の際に女性生殖器を残したため妊娠が可能だという。

 5年前に結婚した妻のナンシーさん(46)は過去に子宮摘出手術を受けて子どもができないため、ビーティーさんが自身の卵子と提供者の精子を使って人工授精で妊娠した。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。