スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマにチェンジ!と言ってほしい



高い声で鳴くまるっこい子犬を想像していたところにオヤジみたいのが来ちゃったイメージがありますな。オバマ氏の娘たちは喜ぶのでありましょうか?

大統領と同じワンちゃんを飼うということで人気が出る?・・・とか裏側にある大人の企みが見え隠れしております。


ペルーからオバマ一家に伝統犬贈呈の申し出

 米大統領選に勝利した民主党のバラク・オバマ上院議員が、愛娘マリアさん(10)とサーシャさん(7)にホワイトハウスで新しくイヌを飼うことを約束したが、マリアさんがアレルギーを持っていることから犬種の選定に注目が集まっていた。

 そんな中、ペルーから10日、次期大統領一家にアレルギー反応を起こしにくい同国の伝統犬ペルビアン・へアレスを推す声が上がった。同犬種は、3000年前から居たとされ、古代の陶磁器などにも描かれている。

 フレンズ・オブ・ペルビアン・へアレス協会のクラウディア・ガルベス会長は「彼ら(ペルビアン・へアレス)は、いかなるアレルギーを起こすこともなく、とても人なつこく、優しい性格をしている」と説明。その上でオバマ氏の娘たちに雄の子犬を贈りたいと語った。

 ガルベス氏は10日、リマにある米国大使館に子犬の贈呈に関する詳細を記した書簡を送り、オバマ氏が申し出を受諾することを希望しているという。

 ガルベス氏は、4カ月の血統書付きの子犬をオバマ一家に贈りたいとしている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。