スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーストレディならぬファーストドッグ



選挙戦が終結したのにもかかわらず、相変わらずの騒ぎっぷり。内心ではちょっとウンザリしてるのはないでしょうか。そして犬はそんなに大事なこと?ってか大統領はワンちゃん飼わないといけないのかい??

いろんな疑問が湧きますが、一緒に暮らしてだんだん飼い主とパートナーになっていくんですから、そんなに騒がなくてもねぇ。




オバマ家が飼うのはどんな犬、米国民に高い関心

 次期米大統領に選ばれたオバマ上院議員について、金融危機や外交政策についての見解と同じくらい米国民が知りたがっている話題が、オバマ氏が2人の娘のためにどんな犬を飼うかだ。

 オバマ氏は4日夜の勝利演説で、10歳と7歳になる娘に向け「君たちが想像できないくらい愛している。ついに、うちに新しい子犬がやってくることになるね」と語った。

 7日行われた当選後初の記者会見では、7番目の質問にどんな犬を飼うかが飛び出した。

 オバマ氏は「主要な問題だ。われわれのウェブサイトでもほかのどの問題より話題になっている」と回答。「2つの点で調整しなければいけない。まず(長女の)マリアがアレルギーを持っているため、アレルギーが起こりにくい犬である必要がある。そうした犬種はたくさんある」とした上で、「収容所にいる犬を引き取りたいというのが家族の意向だが、そうした犬の多くは明らかに私のような雑種だ」とおどけた。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。