スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命名のしかた



わが子の名前。健康であってほしいとか賢くなってほしいとか、その他諸々自分らのことは棚に上げて語呂や画数も考えて考えて精一杯命名するもんであります。

とりあえず親戚でもねぇのに勢いでオバマとか付けちゃってますが、この子らの将来が他人事ながら心配なあたし。大統領になんてなれなくても立派に育てよ。


ケニアと米国、赤ちゃんの命名にもオバマ・ブーム

 民主党のバラク・オバマ候補が勝利した2008年の米大統領選を受け、オバマ氏の父親の母国ケニアや米国では、赤ちゃんにオバマ氏にちなんだ名前を付ける親が増えている。

 ケニア西部キスムの病院では、複数の母親が米国初の黒人大統領となるオバマ氏にちなんだ名前を子どもに付けた。息子にバラク・オバマと名付けたナンシー・オティエノさんは、ロイターテレビの取材に対し「40代になるまでにケニアの大統領になってほしい」と語った。

 また同病院では、次期ファーストレディーになるミシェル・オバマ夫人にちなんだ名前を娘に付ける母親もいた。

 この現象は米国内でも見られる。5日付のマイマミ・ヘラルド紙によると、南フロリダのホール夫妻は、大統領選後に生まれた子どもに早速オバマ・ホールと名付けたという。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。