スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットで再び舞台に!



体型的に見てソプラノ歌手ってのは太っている方は少ないのでしょうか?
イメージ検索をかけてみる限りはみなさんほっそりした方が目立ちますね。それでも体型で売る商売でないのなら、肥満で解雇なんて屈辱でしょうな。

見事減量してカムバックしたデボラ・ボイトさん、大したものですね。
それでも自力でダイエットしたワケではなくて、胃のバイパス手術を受けてというのはなんとも・・・。



4年前に肥満で解雇のオペラ歌手、減量して同じ作品に復活

 米ソプラノ歌手のデボラ・ボイト(47)が、2004年に太り過ぎを理由に解雇された英ロイヤル・オペラ・ハウスに復活した。

 ボイトは4年前、「小さな黒いドレス」が似合わないとしてリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」のアリアドネ役から外され、オペラ界に議論が沸き起こった。

 その後、胃のバイパス手術を受けて120ポンド(約54キロ)の減量に成功、ロイヤル・オペラハウスから受けた同作品への出演依頼を受諾した。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。