スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドスネーク カモン!



ヘビの仲間のうち毒をもつ種は4分の1ほどなのだそーであります。
運悪くそいつらに出くわし、その中でも運悪く亡くなってしまう方が年間2万人もいるとか、ちょっと脅威でありました。

毒のない種であっても、あいつらは基本肉食です。某百科事典みたいなウェブサイトの情報によりますと、大型ヘビの食性欄には思い切りヒトが混じっていました。武器を持たないヒトは必ずしも食物連鎖の頂点にいるわけではありません。野っぱらへ分け入るときは注意が必要ですぞ。


世界で毎年40万人以上がヘビの毒に感染=調査

 世界中で毎年40万人以上が毒ヘビにかまれ、2万人以上が死亡、またその多くが貧困国で発生しているとの調査結果が発表された。

 米国の総合科学誌「PLoS Medicine」によると、毒ヘビによる被害は、南アジアおよび東南アジア、サハラ以南のアフリカ地域での発生率が高くなっている。

 控えめに見積もっても、かまれて毒に感染するケースは毎年約42万1000人で、そのうち少なくとも2万人が死に至るという。しかし実際には、184万1000人が毒に感染、うち9万4000人が死亡している可能性があるという。

 最も被害が多く発生しているのはインドで、毎年約8万1000人が毒に感染し、うち1万1000人が死亡。スリランカ、ベトナム、ブラジルがそれに続いている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。