スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ・ペイリン 大人の対応



国をまたいだイタズラにもさらりと大人の対応で切って返したベイリン氏。いやぁ、大人の対応でございました。時期が時期だけでに共和党の株はプラスに転じたことでしょう。

しかしその共和党のマケインと一緒にずっこけた後に、追い撃ちをかけるようにイタ電のトラップをしかけて欲しかったですな。きっと醜悪なホントの顔がみられたかも。


ペイリン氏、偽の仏大統領からの電話にだまされる

 米共和党の副大統領候補のサラ・ペイリン氏が1日、カナダのコメディアンがフランスのサルコジ大統領をまねてかけたいたずら電話を真に受け、アザラシ狩りに出掛ける約束などをする出来事があった。

 いたずら電話をかけたのは、モントリオールでラジオ番組を放送するコメディアンで、これまでもサルコジ大統領を含め、数多くの有名人や政治家をだましてきたことで知られる。

 会話の中で、ヘリコプターで狩りに行こうと誘われたペイリン氏は「仕事と同様、楽しいこともたくさん一緒にしたい」などと快諾。また、将来大統領になる野心があるかと聞かれると「多分、8年後に」とも答えた。

 ペイリン氏側は番組後にだまされたことを直ちに認め、「サルコジ大統領をはじめとする(だまされた)首脳たちに仲間入りできたことをうれしく思う」と電子メールを通じてコメントした。


テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。