スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女じゃなくて倉庫がわりだったんだね



自分で使おうというより、転売してやろうとでも思っていたんでしょうな。
家具はけっこう場所とりますから、リフォームはいいチャンスと踏んだのかもしれませんね。

「彼女」だと思っていたのは女性だけで、男にとっては隠れ蓑になっている単なる倉庫。そんな構図が見え隠れしとりますな。



米男性、彼女宅のリフォームを手伝う……でも盗品を持ち込むのはダメ

 彼女宅のリフォームを手伝い、男は「これで俺のポイントはアップ」などと思っていたかもしれない。しかし男が持ち込んだ家具には、10000ドル相当のキャビネット類など盗品が一部含まれていた。

このため、男(29)は盗品所持の容疑に問われることになった。

セントバーナード郡保安官事務所によると、男が彼女宅に運び込んだ家具の中には、「少なくとも3人組の犯行グループに盗まれた」と以前に報告されていた物が含まれていた。キャビネットやカーペットはバイオレットにある民家から盗まれたものだったという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。