スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトラーの遺産 展示場がドイツにできたのは救い



負の遺産を封印せずに、こういった形で後世に残すものとして伝えるようにしたのはいさぎ良いですね。
その昔シンドラーのリストを観て、なんだかグッときたのを思い出しました。



ユダヤ人を助けたドイツ人たたえる展示、ベルリンにオープン

 ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の間、ナチスの迫害を逃れたユダヤ人を助けたドイツの「サイレント・ヒーローたち」をたたえる初めての展示場が28日、ベルリンにオープンした。

 ドイツで1938年から1945年の間に、ユダヤ人ではないが、命を掛けてユダヤ人に食べ物や住む場所、仕事を提供した人は2万人いたとされており、その一部の写真や手紙、その他の文書などを展示している。

 ナチス抵抗の記念物に関する統括団体のディレクター、ヨハネス・タシェル氏は「ナチスの標的にされた人々にささげる記念施設はたくさんあるが、こうした(ユダヤ人を助けた)ヒーローたちだけを対象にしたものはこれまでなかった」と述べた。

 この展示は永続的なもので、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏による1993年のアカデミー賞受賞作「シンドラーのリスト」で知られるオスカー・シンドラー氏の写真や同氏が書いたものも展示されている。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。