スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぷらぴすぷらた



いわゆるゾンビが登場したりするスプラッター映画が大好きなあたし。
でもツクリモノと踏まえた上での娯楽と割り切っているせいか、実際に起きたこの手の話には、ついドン引きしちゃいますな。

「痕跡なく抹消」ねぇ・・・。人に頼まないで蒸発でもすりゃいいのに。


ドイツの人食い事件、最高裁で終身刑の判決

 ドイツの最高裁である連邦憲法裁判所は24日、「自分の人生を痕跡なく抹消してほしい」とした被害者を殺害し食べた男に対し、下級裁の判決を支持し終身刑を言い渡した。

 被告の男は2001年、インターネット上の掲示板を通じて被害者と接触。被害者の性器を切断して2人で食べようとする様子や、その後意識をなくした被害者を殺害する様子をビデオに収めていた。被告は後に、冷凍保存していた被害者の遺体の一部をキャベツやジャガイモと一緒に食べたとされる。

 2006年の公判では、被害者の希望に沿った行為とする弁護側の主張に対し、被告は精神病を病んでいたものの自らの行為を完全に認識していたとの判断がなされていた。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。