スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗に薔薇を残して…



華麗に薔薇を残して逃げてみせたところまではお見事ですが、なんと翌日に枕カバーを被った状態で見つかってしまうとは、なんともシマラない話であります。

せめて自宅のベッドサイドあたりに本物の薔薇を用意してお迎えしてほしかったですな。


脱獄した男、“申し訳ない”とトイレットペーパー製のバラを置いていく

 クロウフォード郡拘置所に服役していた男が脱獄したが、この男、「拘置所の責任者に申し訳ないから」と逃げ出す際にトイレットペーパーで作ったバラを所内に残していったという。

脱獄に成功したルイス・カマチョ・メンドーサはその翌日、バンビューレンの自宅で逮捕された。捜査当局のケン・ハワード氏によると、自宅でメンドーサは衣服がたくさん詰め込まれたクローゼットの中に身を隠し、頭から枕カバーをかぶって警察の目をごまかそうとしていた。

「しかし上手に隠れていたとは言えないですね。枕カバーに頭の輪郭がはっきり見えていましたから」とハワード捜査官。メンドーサはあっという間に見つかり、その場で逮捕された。

メンドーサは麻薬容疑で拘置所に収容され、メキシコに強制送還される予定だった。

脱獄の際、メンドーサはドライバー2本を利用してオリジナルのツールを作り、拘置所内のキッチンの鍵をこじ開けて逃走した。また、現場にはトイレットペーパー製のバラが置かれていたという。

「なぜこんな物を置いていったのかメンドーサに聞いてみたところ、拘置所の責任者に申し訳ないと思ったからと答えました」とハワード氏は話している。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。