スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妨害した側 つかまる



特殊かどうかは別として自分にはない価値観なので、決して近寄ったりはせずに遠くから静観したいなと感じます。はっきり言ってこの手のニュースは苦手かも。こんなわたしは差別してますか?

「同性愛者の活動家」興味本位でどんな活動?と聞いてみたくなりますな。


ブルガリアで初の同性愛者パレード、妨害行為の60人を身柄拘束

 ブルガリアで初めてとなる同性愛者のパレードが28日、当地で行われ、警察は火炎瓶を投げるなどの妨害行為をした極右翼過激派約60人の身柄を拘束した。

 同パレードには、およそ100人の同性愛者の活動家らが参加。同性愛者への差別に抗議し、首都の街を行進した。同様の差別は、ほかの東欧諸国でもみられる。

 警察と目撃者がロイターに語ったところによると、1人の過激派がパレードの近くで火炎瓶を投げたほか、卵を投げつけたり、こん棒を持っている人もいたという。

 けが人は出ていない。

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

COMMENTS

法律などの整備

活動は様々だと思いますが、一番多く見られるのは法整備についての陳情などだとおもいます。
通常の婚姻関係にあれば、遺産や保険金、年金はパートナーへ相続されますが
そういった権利がないため、二人で購入した家屋などが親族に取り上げられ無一文になってしまったり、面会謝絶の際には親族ではないので病室に入れない場合もあります。
普通に納税し、夫婦のように慎ましく暮らしている方たちも多いので多少の権利は同等に保証してあげたいですよね。
それから、偏見のため幼少期に家出をしたりして犯罪に巻き込まれたり、精神を病んだりしてしまうケースも多数あるそうです。
自分の子供がもしそうだったら…と思えば
誰にでも平等という文化的な庇護が与えられる世の中であってほしいと
私は思いますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。