スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術品収集家に朗報! モノは考えようです



景気が悪いなんて話を聞くとネガティブになってしまいがちであります。
病院へ行ってみたりすると、なんだか体が重く感じてしまう感覚になんだか似ておりますな。

こんなときこそ必要なのはポジティブシンキング!
競争相手が少ないこの時期、オークションは楽しいぞ!なにしろ競合する相手が少ないんですから。ってカラ元気でもいいから、下を向かずに顔を上げましょう!


金融危機の影響拡大、クリスティーズの競売も低調に

 競売大手クリスティーズが19日実施した戦後の現代美術作品のオークションは、予想を大幅に下回る売り上げとなった。最近まで過去最高の売上高を記録していた分野にも、金融危機による信用悪化の影響が広がっている。

 大規模なフリーズ・アート・フェアーと同時にロンドンで開催された今回のオークションは、出品された47作品のうち26作品が落札され、高額作品のプレミアム12%を含めた売上高が総額3200万ポンド(約56億円)だった。事前予想では5800万─7600万ポンドの売上高が見込まれていた。

 これより2日前に行われた競売大手サザビーズのオークションの売上高も、事前予想の3100万─4300万ポンドを下回る2200万ポンドにとどまっていた。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。