スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストセラーになったばっかりに・・・



ゴモラって~と、その昔大阪城を壊そうとしたアイツですか?ってくらいしか知識がござませんでした。
ってなわけでいろいろ調べてみますと新興マフィア「カモーラ」についての告発という非常に危険で過激なモノだったようです。

著書として刊行されたのはすでに数年前なのにまだ狙われているんですな、なんてうっとうしいんでしょう・・・。


「死都ゴモラ」の著者、マフィアに狙われイタリア脱出へ

 ナポリのマフィアを描いてベストセラーとなった「死都ゴモラ」の著者、ロベルト・サビアーノ氏(29)が、普通の生活を求めてイタリアを離れることになった。リパブリカ紙が報じた。

 サビアーノ氏については、「カモーラ」として知られるナポリのマフィアが、クリスマスまでに同氏を殺害する計画があると報じられていた。同氏はこの2年間、潜伏生活をしていたが、成功した著書の「とらわれの身」となっているのが嫌になったとリパブリカ紙に語った。

 ナポリ警察は、報道の真相を確認中だとしており、ナポリターノ大統領はサビアーノ氏を身を守る必要があるとコメントした。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。