スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難聴にならないために



MP3プレーヤーだけのお話ではなく、ウォークマンの頃から言われていることであります。
実際に健康診断で難聴って言われてたヤツは、大抵愛用していましたからな。

難聴になり耳が聞こえなくなると、ボケの進行が早くなるなんてことも言われてます。それだけ耳から音として得る情報は多く、重要なのだということでありましょう。難聴にならないためにボリュームをもっと絞ってみませんか?


MP3プレーヤーで聴力障害の恐れも=EU報告(ベルギー発)

 欧州連合(EU)の研究者たちは13日、若者が5年間にわたって週に5時間以上、大音量でMP3プレーヤーを聴き続けた場合、欧州全体で数百万人が恒久的な聴覚障害になる恐れがあると警告した。

 EUの行政機関である欧州委員会の要請で行われた同研究は、子どもやティーンエージャーは大音量から守られるべきだとして、「娯楽音」というコンセプトや大音量の携帯電話に反対する立場を取っている。

 欧州委員会の専門家によると、日常的に携帯音楽プレーヤーを使用する人は、推定5000万─1億人。このうちの5─10%に相当する最高1000万人が、高リスクに当たると指摘した。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。