スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潔い行動に拍手



こんなに飲酒運転の規制がきびしくなった国内でのお話。
いまだに酔っ払い運転をやめない知り合いが、先日とうとう捕まりました。又聞きですが、なんでも標識に突っ込んだらしく新聞の地方欄を賑わせたようであります。人に害を及ぼさなかっただけ良かったんですけど、やっぱり一度ギュッとしぼられないとわからん輩っているんですな。

やってしまったことを反省して『バカでした』の看板を掲げるとは潔い!
本人も理解しているけど、誰が見てもバカなんだから・・・かえって清々しささえ感じますな。


禁固刑よりも「私がバカでした」の看板を持って1日立った方がいい?

 汚水処理施設に損害を与えて逮捕された男が、禁固刑よりも“公衆の面前で恥をかく”判決を選んだ。

シェーン・マッキランは昨年3月、同施設の門に車で突っ込み、損害を与えた罪で逮捕された。水曜日に行われた公判で、オークレア郡裁判所のポール・レンズ裁判官はマッキランに対し「20日間の禁固刑、もしくは公の場で恥をかくか、どちらかを選びなさい」と選択を与えたという。

レンズ裁判官の言う“恥をかく行為”は、「私がバカでした、と書かれた看板を持ち、一日施設の前に立つこと」だったが、マッキランは刑務所暮らしよりもこちらを選んだ。

逮捕された当時マッキランは「酒を飲んでいた」と供述しており、「本当にバカな事をした」と反省しているそうだ。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。