スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかオウムを・・・?



飼い主と愛犬、そしてオウム。種類は違ってもみんな家族だったのかもしれませんな。
そんなふうに考えるとワンちゃんの行動も理解できるような気がします。

なんだか、悲しいニュースでした。


愛犬に命を救われたのに……愛犬が死亡

 11日 AP] 自宅が火事になっていることに気付かずに寝ていた男性が、愛犬に命を救われる事件があった。しかし……男性を助け出した愛犬は、なぜかそのまま燃えさかる家に再び戻り、死んでしまったという。

トリニダード・トバゴ・エクスプレス紙によると、寝ていた男性は愛犬に吠えられ、ズボンを引っ張られて目が覚めた。何かが燃えている臭いがしており、この時はじめて火事であることに男性は気付いた。

同紙はなぜ犬が家に戻ったのかについて報じておらず、また、男性は「自分以外に誰も家にはいなかった」と話している。

消火後、現場からは犬の死体、そして男性の家族が飼育していたオウムの死骸が発見された。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。