スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぉぃぉぃ呪文唱えんなょ!



某Q&Aサイトで真剣に聖水の作り方が議論されておりました・・・ちょっと怖い。
そこからの情報によりますと、一般的には聖水は手に入りやすそうでなかなか入手困難の様子。

記事に出てくるエセ呪術師はどーやって聖水つくったんでしょうな。
ってか、何の呪文唱えてんだよ~。

精神鑑定、妥当な判断だと思われます。


「女教師に聖水をかけ魔女として焼き殺そうとした」

 映画「クルーシブル」の原作である戯曲「るつぼ」を英文学の授業で学んでいた男が、女性教師に不燃性の液体をかけ「魔女として焼き殺してやる」と脅迫した。「るつぼ」は魔女狩りをモチーフにしたアーサー・ミラーの作品。

この男は ダーリン・ネイジャー(20)で、9月11日にこの事件を引き起こして教室から逃走。警察の事情聴取に「女性教師に聖水を頭からかけて、魔女を殺そうとした」などと供述したため、精神鑑定に回された。

メイジャーは6日に逮捕され、暴行などの罪状で今月中に法廷に召喚される。

事件の前日、ネイジャーは教師に「魔術を信じているのか」と詰問した。教師は「魔術は信じてません。ミラーの戯曲は1692年にセーラムで起きた魔女裁判を題材にしたもので、不公正な裁判のメタファーにしている」と説明したという。

男は宿題のレポートを床に投げ捨て「何もかも神に対する冒涜だ」と叫んだ。そして翌日、男はなにか宗教的な呪文のようなものを繰り返しつぶやきながら、デスクで仕事をしていた教師の背後から近寄り、液体をかけたという。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。