スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に教師の責任回避をおもいっきりしてますが・・・



アメリカでは弁護士なのに誤字脱字。オージーでは大学生に高校の授業であります。
よく言われる識字率、これは読む力と書く力そして理解しているということなんですが、大学に行ってまでそんな基礎的なことやるなんてびっくりですな。


オーストラリアの大学、高校で習う英文法を授業に

 オーストラリアのモナッシュ大学は、1年生に対して新たな英文法の授業導入を計画している。新入生の多くに名詞を特定できないなどの問題があり、高校の授業で教えられる内容をカバーするという。

 メルボルンにある同大学で英語を教えるバーデン・エウンソン氏は、ロイターの取材に「英語を母国語としない留学生の話をしているのではない。学生に手書きの小論文を提出させると、アポストロフィやそのほかの句読点の使い方を知らないことは一目瞭然だ」と述べた。

 また、同大学に入学してくる生徒の多くは、品詞の用法についても理解できていないという。

 ただ同氏は「オーストラリアでは長い間、英文法の授業が不十分だった。この教育システムで育ってきた教師たちの責任ではない」としている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。