スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただでさえ金融不安なのにねぇ



ただでさえ金融不安なのに、残ってくすぶっている火に水かけるような記事ですな。
もっと前向きになれんのかと。

日本と違ってビジネスマンも年俸制だったり、転職も頻繁なんて話なのでもうちょっとドライというかオープンな考えで働いてるように感じてたんですが、そーではないようであります。

でも景気回復のカギもやっぱりアメリカが握っていたりするので、もちょっと頑張って欲しいものです。


米国の従業員の約半数は上司を尊敬せず=調査

 米国で働く従業員の約半数は、上司を尊敬していないことが分かった。人材派遣大手ランドスタッドの米国部門が、インターネット上で実施した調査結果を3日発表した。

 合計2337人を対象に行われた今回の調査では、金融危機の拡大を背景に、企業が従業員との関係より利益を優先している姿が透けて見える結果が示されたとも言えそうだ。

 ランドスタッドのディレクター、エリック・バンティン氏は「従業員の専門能力の開発やモラルは、常に雇用者の優先事項であるべきで、特に従業員が余計負担を感じる可能性がある景気後退期はなおさらだ」と述べた。

 調査では、自分の上司が新しいアイデアにオープンだとの回答者は全体の43%。上司に印象付けるための残業もいとわないとの回答者は47%だった。

 また、上司がやる気を起こさせる人だったり、手本になるなどとの答えは全体の30%を下回っている。

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。